KEVNHAUN(ケヴンハウン)フライパンの本音の口コミ評判まとめ

KEVNHAUN(ケヴンハウン)フライパンの本音の口コミ評判まとめ

フライパン, 調理器具

お洒落でかわいい北欧デザインが人気のキッチンブランド「KEVNHAUN(ケヴンハウン)」。

中でもフライパンなどの調理器具は愛用者がとても多く、その秘訣はデザインだけではなく機能性にもあるようです。

今回は、使って納得!「ケヴンハウン」のフライパンの本音口コミ評判についてリサーチしました。

「KEVNHAUN(ケヴンハウン)」のフライパンの特徴は?

kibinhauban1

KEVNHAUNのフライパンの最大の特徴は、全面にコーティングされたセラミックです。

軽量でしかも扱いが簡単、毎日の家事の手間を軽減してくれるセラミックコーティングのフライパンは、焦げ付きにくさや高耐火性能も勿論備わっており、400度以上の高熱でも使用可能です。

焦げ付きにくいため油もほとんど必要とせず、ヘルシーに調理が出来ますよ。

「KEVNHAUN(ケヴンハウン)」の本音口コミを見てみよう!

siroka_kutikomi
このように、デザインだけではなく機能性から愛用者の多い「KEVNHAUN」のフライパン、実際の使用感はどうなのでしょうか?実際に使用している方の本音口コミ評判をご紹介します。

「KEVNHAUN(ケヴンハウン)」のフライパンが良い点は?

  • 買って大満足!
    真っ白なデザインに惹かれて購入しましたが、買ってから「でも白って汚れ目立つ・・・」とちょっと後悔したんです、本音は。でも使ってみてびっくり!汚れがスルスル落ちるから、真っ白のままで使うことが出来るんです。こんなに買って大満足できたフライパンは初めてです。
  • 今までのフライパンより軽い!
    北欧デザインブランドの物とのことでデザイン先行で購入したのですが、使ってみてその軽さにまず驚きました。正直、機能については期待していなかったのですが、今まで使用していたフライパンより軽いのに焦げ付かないので調理がより一層楽しくなりました。
  • 火力調整が気に入っています
    他のメーカーのフライパンよりも、小さい火力でしっかり調理が出来るのでとても気に入っています。目玉焼きなど「焼いたまま」置いておくものに関しては、本当に油がいりません。但し、スクランブルエッグのように「かき混ぜながら」調理するものに関しては、油を敷く必要があります。
  • ストレスフリーな調理ができる
    真っ白い陶器のお皿で料理しているかのような使用感。つるつるとした表面で全く焦げ付かず、見た目にも美しいため料理の時間がすごく楽しくなりました。現在数か月使用していますが、真っ白のままです。

「KEVNHAUN(ケヴンハウン)」のフライパンの気になる点は?

  • うまくいかなかった
    他の人の口コミを見る限り、焦げ付いたりしないとのことですがなぜか私のフライパンはすぐ焦げ付くように。使い方が間違っていたのかな?使用前に油を刷り込むとのことでしたが、足りなかったのかも・・・。
  • 火力が大事
    このフライパンは、中火での調理が推奨とのことでしたがなんだかすっきりせず、つい強火で調理。そのせいか使用後3か月で少し表面が茶色くなってきました。うーん、やっぱり説明書通りに使わないとだめですね。

「KEVNHAUN(ケヴンハウン)」のフライパンの総評

syuhu2
ケヴンハウンのフライパンを使用している方の満足度は、「概ね満足」といった感じでした。

やはりデザイン重視で購入する方が多く、中には「使い勝手には全く期待していなかった」という方もいらっしゃいました。

ですが、使用してみると軽く使いやすい、焦げ付きにくい、油の使用量が減ったなどという声も見られ、デザインと機能のバランスが良くとれたフライパンのようです。

但し、しっかり取扱説明書を読んで理解してから使用しないと、すぐに焦げついてしまうようになるといった声も聞こえました。

ケヴンハウンのフライパンを気持ちよく使うためには、使用前に油を敷いて塗り込み、必ず中火以上で使用しないことを守る必要があるようです。

「KEVNHAUN(ケヴンハウン)」のフライパンを通販で探す

「KEVNHAUN(ケヴンハウン)」のフライパンを通販で探す

まとめ

北欧デザインのものは、家具やインテリアに留まらず、集め始めると小物までテイストを揃えたくなってしまうんですよね。

毎日何度も立つキッチンの中も、お気に入りのもので囲まれていたいという主婦の方も多いと思います。「ケヴンハウン」ブランドの物は、そんなおしゃれな主婦の方にピッタリだと言えそうですね。

シェアする
投稿:きっちんmotto