くっつく包丁はもう嫌!人気の「くっつかない包丁」おすすめ6選

くっつく包丁はもう嫌!人気の「くっつかない包丁」おすすめ6選

包丁, 調理器具

切った食材が包丁にくっついて使いづらい・・・。誰もが一度はそんな経験をしたことがあるんじゃないでしょうか?

くっつく包丁は、調理がスムーズにできなくて本当にイライラしますよね・・・。

今回は、そんな悩みを解消できる人気の「くっつかない包丁」を紹介します。

世界の料理人も絶賛する「MAC コーティングナイフ」

kuttukanai_hocho1
「MAC(マック)」は、人間工学に基づいて作られた包丁の販売している日本のブランドです。扱っている包丁は、職人さんが1本1本丁寧に作り上げています。

日本刀の研ぎ方である「蛤刃」という独特の研ぎ方をしており、切りにくい食材でもなめらかに刃が入り、切れ味が抜群です。

また刃の部分にはフッ素樹脂加工がされているので、汚れや匂いが付きにくく、さびにくいのでお手入れが簡単です。

ハンドル部分も丈夫に作られており、強度が高く握りやすく出来ています。これらの特徴がうけて欧米の料理人にも高く評価されている包丁です。

心地よい切れ味「匠UN-RYU 菜切包丁」

kuttukanai_hocho2
霞模様が美しい和包丁です。この模様は、軟質のステンレスと硬質のステンレスを交互に鍛造して作るからこそ出来る模様です。

日本刀の製法に近い作り方をしているので、固い野菜や大きい野菜も気持ち良くザクザクと切っていくことが出来ます。

包丁を下した時に、まな板との間に隙間がほとんどできないので、野菜が刃にくっつきにくく出来ています。こちらも職人さんの手作業で研ぎあげられた包丁です。

左右兼用凸凹がポイント「CHEFINOX 三徳包丁」

kuttukanai_hocho3
こちらの包丁の特徴は、刃の表面にディンプルというくぼみがある点です。

くぼみのおかげで食材と包丁の間に隙間ができて、きゅうりやネギなどくっつきやすい食材も切り離れやすくなるのです。

ディンプルは刃の表にも裏にもついていて、右利きの人も左利きの人もどちらも使えるように出来ています。

モリブデン鋼という素材を使っているので、サビが出来にくく研ぐのも簡単という利点もあります。

CHEFINOX三徳包丁180mmツバ付きディンプル

CHEFINOX三徳包丁180mmツバ付きディンプル

プロ御用達の本格包丁「郷右馬允義弘 出刃包丁」

kuttukanai_hocho4

包丁作りで有名な堺にある老舗「山脇刃物制作所」で作られた包丁です。

堺の和包丁は全国の業務用包丁シェアの9割とも言われています。

家庭で一般的に使われている洋包丁の「両刃」よりも、慣れが必要になってきますが、その分切れ味がよく、力をいれる必要もないですし、切った食材の断面が美しくもなります。

また刃の裏面をくぼませているので、包丁に食材がくっつきにくくなっています。

ドイツ生まれの人気ブランド「ヘンケルス ロストフライ」

kuttukanai_hocho5
「ヘンケルス」はドイツで生まれたブランドですが、今や日本でも人気があり「日本ヘンケルス」が設立されるほどで、世界にも支店を設けています。

こちらの包丁は日本製で、オーソドックスに使いやすいタイプの包丁です。

肉・魚・野菜どんな食材でも切りやすいのはもちろん、錆びにくい、割れにくい、など耐久性にも優れているので長く愛用出来そうです。食材をくっつくにくくするために刃にリブが付いています。

★ヘンケルス ロストフライプラスシリーズ★ 三徳小包丁(刃渡り15cm) 10255-150

★ヘンケルス ロストフライプラスシリーズ★ 三徳小包丁(刃渡り15cm) 10255-150

芸能界のイケメン料理人プロデュース「保阪流 匠包丁」

kuttukanai_hocho6
この包丁は新潟の三条鍛冶職人さんが丁寧に作り上げたもので、芸能界の料理人と言われる保阪尚希さんがプロデュースしています。

特徴は、刃に施されたギザギザの加工です。

刃にギザギザがある包丁はヨーロッパでは主流のもので、食パンのように柔らかい食材も、硬く切りにくい野菜も、様々な食材を楽に切ることが出来るようになっています。

リブ穴加工もしてあるので、包丁に食材がくっつくのも防ぎます。しかも、特殊加工がされているため、包丁研ぎが不要という特徴もあります。

くっつかない包丁のまとめ

いかがでしたか。包丁には様々な加工が施され使いやすく工夫が凝らしてあります。

毎日使うものだからこそ使いやすいものがいいですよね。ぜひお気に入りの包丁を見つけてくださいね。

シェアする
投稿:きっちんmotto