炊飯器のおすすめメーカーは?売れ筋人気商品を徹底比較!

炊飯器のおすすめメーカーは?売れ筋人気商品を徹底比較!

キッチン家電, 炊飯器

毎日の食卓に欠かせない「ご飯」。そのご飯を炊くための炊飯器選びは妥協したくないですよね。

炊飯器のおすすめメーカーはどこなのか?炊飯器はメーカーによってどう違うのか?

今回は、炊飯器のおすすめメーカーと売れ筋人気商品を徹底比較していきます!

主婦に人気の家電メーカー【パナソニック】

pana_top
家事を専門としている主婦から人気を集める家電メーカーであるパナソニックですが、パナソニックの炊飯器にはこんな特徴があります。

独自の炊飯方式「Wおどり炊き」

パナソニック独自のスチームプラス可変圧力のダブルの力で炊き上げる、「Wおどり炊き」を開発。

炊き上がりは水分多めで柔らかくお米の甘みが引き出されています。

保温中もスチームでふっくら

こちらも上位モデルになりますが、一定の保温時間が過ぎると自動でスチームが投入され、保温したご飯の独特な香りや食感を追い出してくれるという優秀な機能がついています。

【パナソニック】売れ筋おすすめ炊飯器

このように時間がたってもおいしいご飯が食べられる、というのは毎日忙しく過ごしている主婦にとって本当に助かる機能ですよね。そんなパナソニックで売れ筋の商品はこちら!

赤飯もおこわもおいしく!「SR-SPXシリーズ」

pana_suihan1
可変圧力方式にスチームも加えたWおどり炊きは、もち米や玄米もおいしく炊けるパナソニック炊飯器の一番人気の機能です。

お米の銘柄ごとの炊き分け機能や、白米から雑穀がゆまで、何でも炊ける豊富なメニューも搭載!これ一台で何役もこなしてくれる優秀な調理のパートナーと言えます。

毎日贅沢銀シャリ炊飯器!「SR-JXシリーズ」

pana_suihan2
ダイヤモンド竈釜と可変圧力で好みのご飯が自由自在!「Jコンセプトシリーズ」は、パナソニックの炊飯器の中でも超人気のモデルです。

ご飯の量よりを質を重視したい、近年のニーズに合わせて作られた高級な炊飯器ですが、スチーム機能が搭載されいない分お手頃価格で買えるのが人気の秘訣です。

独自のデザインと機能を追求する【三菱】

mitubisi_top
実は日本で一番最初に保温機能付きの炊飯器、つまり炊飯ジャーを開発・発売したのは「三菱」です。

炊飯ジャーにおいて歴史のある「三菱」は、常に独自の路線をひた走るトップランナー。そんな三菱炊飯器の主な特徴は次の2つです。

本炭で作られた内釜

三菱は他メーカーとは違い唯一、炭を使った本炭釜を使用しています。

全体が炭だと、金属より上回るのは熱伝導率の良さ。炭はすべて発熱体なので、釜のどこをとっても熱伝導率がよく炊き上がるまでの火力も一気に上がります。

驚きの蒸気レス

一般的な炊飯器には蓋の上には蒸気口がついていますが、三菱の炊飯器は驚きの蒸気レス方式。なので蒸気口自体が存在していません!

普通の炊飯器では蒸気口からご飯のおいしさが漏れてしまうのですが、三菱の炊飯器ならお米の味を最大限に引き出す炊飯が可能です。

【三菱】売れ筋おすすめ炊飯器

独自の釜と驚きの炊飯方法で、価格が高くとも選ばれ続ける三菱の炊飯器ですが、人気の商品はこちらの二つ!

茶碗一杯分から炊ける!「NJ-AWシリーズ」

mitubisi_suihan1
0.5合から美味しくご飯が炊けるこちらの炊飯器は、ご年配のご家庭に選ばれる人気の商品です。

保温機能にもこだわり、たべごろ保温と一定保温の二種類から選択可能。白米でもおこげをつける「おこげ炊飯」機能も付いています。

省エネ基準もばっちり満たしているので、毎日炊飯しても電気代は気になりません。

和食好きならこれ!「NJ-XSシリーズ」

mitubisi_suihan2
三菱の炊飯器でご飯を炊くと、ほかのメーカーよりも少し硬めに炊き上がります。これは日本人の多くが好む硬さで、酢飯にしてもおいしくできる和食向きのご飯となります。

ダブルの備長炭が炊き上げるご飯は、一度食べたら病みつきになるおいしさです。

蒸気レスタイプのこちらの炊飯器は、蒸気密封と連続沸騰でまるでかまどで炊いたご飯のような仕上がりになります。

使う人の視点で作る【日立】

hitati_top
「日立」といえば、使う人の視点で商品展開していくというイメージのある家電メーカーですよね。

冷蔵庫や洗濯機が有名で人気がありますが、炊飯器も女性目線で作られていてひそかな人気を呼んでいます。

軽量の内釜

主に女性が使う炊飯器、内釜が重たいとお手入れも大変でストレスが蓄積するポイントです。「日立」の炊飯器は底以外が軽量のアルミでできているので超軽量!

スチーム圧力と蒸気カットどちらのモデルもある

一つのメーカーで複数の方式を取り入れた炊飯器を展開しているのも、「日立」の特徴です。

蒸気カットは三菱の蒸気を戻す構造とは違い、上蓋の蒸気口を大きくすることで蒸気を冷やして外に出さないという方式です。

スチームは、炊飯時に出た水蒸気を内蓋に貯め、その水分を加熱することでスチームを放出するという方式なので、パナソニックのスチームとは少し違った方式ですね。

【日立】売れ筋おすすめ炊飯器

このように、「いい機能を集めて搭載した」といった感じの炊飯器が「日立」の特色のようです。

おいしさにこだわるなら、様々な方式を取り入れよう!というメーカーの柔軟性を感じますよね。そんな「日立」で人気を博しているのはこちらの商品です。

スチームと圧力でふっくら炊き上げる!「RZ-YWシリーズ」

hitachi_suihan1
日立の炊飯器の主力商品、ふっくら御膳の人気モデルです。二重構造の内蓋で蒸気をカットしつつスチームも作り出すという高機能炊飯器。

内釜の底は熱伝導率の高い鉄を採用しながらも、ベースはアルミ合金なので超軽量です。

内蓋とスチーム口が一体化しているのでこの一つを外して洗うだけでOK!他メーカーのスチーム炊飯器よりお手入れ簡単です。

シェアする
投稿:きっちんmotto