蒸気の出ない炊飯器ってどうなの?蒸気カットorレスどちらがおすすめ?

蒸気の出ない炊飯器ってどうなの?蒸気カットorレスどちらがおすすめ?

キッチン家電, 炊飯器

安全・清潔に使えて美味しいご飯が炊けると評判の「蒸気の出ない炊飯器」。

『蒸気カット』『蒸気レス』の2つのタイプがありますが、蒸気カットと蒸気レスでは何が違うのでしょうか?

今回は、『蒸気カット』or『蒸気レス』どちらの炊飯器がおすすめなのか?性能を比較しながら詳しく説明していきます。

蒸気レス炊飯器は「三菱」だけ!

蒸気レス炊飯器は、オリジナリティ溢れる炊飯器に定評のある三菱が開発し、現在も唯一の蒸気レス炊飯器となっています。

今まで全く考えられなかった「炊飯時の蒸気をなくしてしまう」という新たな発想。

そしてその近未来的なデザイン性で人気を博し、現在では三菱の高級炊飯器といえば蒸気レスと言わしめるほどになりました。

蒸気が出ない蒸気レス炊飯器「三菱 蒸気レスIH炊飯器」

三菱蒸気レス炊飯器
三菱から満を持して登場した蒸気レス炊飯器が「炭炊釜シリーズ 蒸気レスIH炊飯器」です。

画像を見て分かる通り、この炊飯器には蒸気の排出口がありません。つまり、完全な蒸気レス炊飯器ということです。

この炊飯器の蒸気に関する特徴について見ていきましょう。

蒸気を殆どなくす仕組み

三菱の蒸気レス炊飯器は、炊飯器内にセットされた水タンクによる水冷システムで蒸気を回収するという仕組みでできています。

今まで、外に逃がす他なかった蒸気を水で冷やすという全く新しい考え方で作られています。

この水冷システムによって、炊飯時の温度を下げることなく蒸気をなくし、炊飯中の吹きこぼれも抑制してくれています。

蒸気を回収することでごはんも美味しくなる!

今までの炊飯器では、蒸気を外に逃がす際に湿気が発生し、それによってお米がべちゃべちゃになりすぎてしまうというデメリットがありました。

しかし三菱の蒸気レス炊飯器は、蒸気を丸ごと水タンクに回収してしまうので余分な湿気が発生せず、お米の甘みや旨みも上手に引き出してくれます。

おすすめの蒸気カット炊飯器は?

「蒸気レス炊飯器」は三菱の特許となっていますが、他メーカーでも蒸気を抑えた「蒸気カット炊飯器」を販売しています。

三菱の製品とはどう違うのか?商品の特徴を見ていきましょう。

蒸気カットと言えばコレ!「日立 ふっくら御膳シリーズ」

日立 ふっくら御膳
日立の上位機種「ふっくら御膳」も、蒸気を出さない炊飯器として有名です。

完全な蒸気レスではありませんが、蒸気が目に見えないほどの蒸気カット率を誇ります。

こちらの機種のポイントは次のようになっています。

蒸気をためておける

水冷で回収する三菱とは全く違い、日立は炊飯時にでた蒸気を内蓋の「給水レスオートスチーマー」に溜めておき、蒸らしや保温時に再利用可能な構造になっています。

蒸気を再利用するスチーム保温では、溜めておいた蒸気を放出し、長時間の保温で美味しさが低下したご飯でも、また炊き立ての様に食べられるという独自の機能が搭載されています。

80%カットの蒸気セーブモード搭載「象印 極め羽釜」

蒸気カット炊飯器2-1
象印の中でも現在人気の炊飯器となっている「極め羽釜」シリーズですが、実は「蒸気セーブモード」が搭載されており、使い方によっては蒸気の排出を極力抑えることができます。

詳しい機能の説明は以下の通りです。

蒸気セーブモードはすごい!

象印の「極め羽釜」シリーズでは炊飯モードとして「蒸気セーブモード」がついており、普通モードの約80%の蒸気をカットします。

「ふつう・やらかめ・かため・雑穀米」のように、お米の炊きあがり状態が変化するモードの一つとして搭載されている機能です。

よって、特に「蒸気が出ないことで旨みが増す」というわけではなく、お米の炊き上がりは少し固めになります。

ご飯を美味しくするためというよりは、炊きあがりの蒸気が嫌という方に向けたモードのようです。固めごはんが好きな人なら問題なく使えますね。

ほとんど蒸気がみえなくなる「日立 圧力IH炊飯器」

蒸気カット炊飯器2-2
「日立 圧力IH炊飯器」は、炊飯中の蒸気がほとんど見えなくなる高機能の蒸気セーブ炊飯器です。

こちらは常時蒸気セーブを行うため、いつでも炊飯時の蒸気を気にすることなく使用可能となっています。

お手頃価格の蒸気セーブ炊飯器

日立の蒸気セーブ炊飯器は数種類ありますが、特に人気なのは上位モデルのものです。

しかし、価格が高く「炊飯器だけにそれだけのお金はかけられない」と感じる方は、この「圧力IH炊飯器」がコスパが高くおすすめです。

ですが、こちらには「ふっくら御膳シリーズ」のように蒸気を回収する仕組みはないため、ご飯の炊きあがりは少し固めのハリを残すような感じとなり、人によっては味や食感の好みがわかれそうです。

マイコンジャーでも蒸気カット!「タイガー 蒸気カット マイコン炊飯ジャー」

jokiresu3
他の蒸気カット炊飯器よりもカットできる蒸気の量は大幅に少なくなりますが、タイガーの「マイコン炊飯ジャー」にも蒸気カットタイプが販売されています。

エコ炊飯で蒸気もカット

炊飯時の電力を通常白米炊飯モードよりも10%カットしつつ、蒸気も30%カットしてくれるエコ炊飯モード搭載のミニ炊飯器です。

操作も簡単、シンプルなマイコンジャーなので蒸気カット機能はそこまで優れていませんが、狭い部屋でも蒸気が気にならず炊けると人気の炊飯器です。

蒸気レス・蒸気カットのメリットとデメリットは?

ここからは蒸気レス炊飯器と蒸気カット炊飯器、それぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

どちらの方が自分の好みの炊き上がりを実現できそうか、想像しながらご覧ください。

「蒸気レス炊飯器」のメリットとデメリット

蒸気レス

メリット

蒸気レス炊飯器のメリットは、デザインもスタイリッシュで家具を汚さず、リビングにご飯の香りを充満させることもなく、しかもお米が美味しく炊けるという点です。

蒸気レス炊飯器は、蒸気を炊飯器内部の水冷システムで自動的に回収していきます。これにより、熱を外に逃がすことなく「高温状態を持続」することができるため、甘く美味しいお米が炊き上がるのです。

デメリット

デメリットとしては、「内部構造が複雑でお手入れが大変」という点が挙げられるでしょう。他炊飯時には水タンクに水を入れてから炊飯するため、定期的な水タンクのお掃除が必要になります。

一般的な炊飯器と使用方法も異なりますから、複雑な手順が苦手な高齢者には向きません。

「蒸気カット炊飯器」のメリットとデメリット

蒸気カットのメリット・デメリット

メリット

蒸気カットや蒸気セーブの炊飯器はいくつか販売されていますが、その中でも「蒸気をリサイクルして使用する」タイプの炊飯器は保温機能や炊飯機能に優れているというメリットがあります。

ただし、水蒸気をカットしたりセーブしたりするだけでは「米の炊き上がりがイマイチ」です。

一旦蒸気を炊飯器が回収し、内蓋などにためておける高級タイプ炊飯器であれば、蒸気レス炊飯器と同じようにご飯を甘く美味しく炊き上げるほか、貯めた水蒸気を保温時に利用することでいつでもつやつやなご飯を食べることができます。

デメリット

しかし、この蒸気を回収する複雑な構造の内蓋はなかなか洗いにくく、毎回きれいに洗うのは少し難しいかもしれません。

内蓋の清潔さはご飯のおいしさに直結しますから、お手入れの手間は蒸気カット・蒸気セーブ炊飯器のデメリットと言えるでしょう。

結局蒸気はカットorレスどちらがおすすめ?


最終的に蒸気カットと蒸気レス、どちらが自分に合っているのかは重視する点や生活スタイルによって異なります。

蒸気カットと蒸気レス、それぞれこんな方におすすめです。

小さな子供がいるご家庭なら蒸気レス炊飯器

現在販売されている蒸気を抑える炊飯器の中で、蒸気量を一番減らしてくれるのは三菱の蒸気レス炊飯器です。

そのため、小さなお子さんがいても安全にご飯が炊けます。

三菱の炊飯器はデザインも独特で、炊飯器というよりは一種のインテリアのようでもあるので、子供を気にせずリビングに炊飯器を置けるのも嬉しいですね。

お手入れの楽さで選ぶなら日立の蒸気カット炊飯器

三菱の蒸気レスは、水冷タンクがあるのでお手入れが通常の炊飯器よりも大変です。

しかし、日立の蒸気カット炊飯器は水タンクがなく、しかも内蓋に水分をためておくのでお手入れの時には内蓋を外して洗うだけです。

毎日の家事を少しでも楽にしたいのなら、日立の蒸気カットが断然おすすめです。

一人暮らしにはタイガーの蒸気カット炊飯器

値段も高く容量も大きな高級炊飯器よりも、お手頃なサイズである程度の蒸気がカットできればいいという一人暮らしには、タイガーの小さな炊飯器がぴったりです。

特にワンルームの一人暮らしは、炊飯器の置き場所と家具や生活道具が近い距離になるので、蒸気カット炊飯器は一人暮らしでも意外と便利ですよ。

蒸気レスと蒸気カットの特徴を生かして幸せな「ごはんライフ」を送ろう!

蒸気口もない完全な蒸気レスは現在三菱のみとなっていますが、他メーカーの蒸気カットや蒸気セーブも年々その精度を増しています。

安価な蒸気レス・蒸気カットのものを買うと、逆にご飯の炊き上がりが物足りない感じになってしまうかもしれないので、蒸気レス・蒸気カットの炊飯器が気になっている方は少し高めの高級モデルを購入したほうが良さそうです。

今回ご紹介した炊飯器の機能をとことん比較検討し、あなたにとって「ベストな炊飯器」を見つけてくださいね!

シェアする
投稿:きっちんmotto