【28年度産】全国の美味しいお米おすすめ銘柄ランキング!

【28年度産】全国の美味しいお米おすすめ銘柄ランキング!

お米, 食品・飲料

全国各地で育てられているおいしいお米。縦長の日本では、地域によって栽培されているお米の銘柄も違えば味もそれぞれ違いがあります。

今回は、平成28年度産の全国おいしいお米おすすめ銘柄ランキングをご紹介します!

第10位 大手外食チェーン店でも採用!「山形県産 はえぬき」

zenkoku_kome10
食味ランキング14年連続特A認定、山形県を代表する銘柄「はえぬき」は、大手外食チェーン店やコンビニエンスストアのおにぎりなどにも採用される有名銘柄米です。

昔から食べている懐かしい味と食感で、ついついお箸が進みますよ。

第9位 北海道米の代表格!「北海道産 ななつぼし」

zenkoku_kome9
北海道の銘柄米で今や代表格となりつつあるのが「ななつぼし」です。北海道米特有の粘りや甘さを強く持ち、食感もよく「ご飯を食べている!」という満足感でいっぱいになれるお米です。

他の北海道ブランド米と比べると価格もお手ごろなので、毎日の食事にちょうどいいお米ですよ。

第8位 最高級ブランド米「魚沼産 コシヒカリ」

zenkoku_kome8
説明不要の最高級ブランド米といえば、やっぱり魚沼産のコシヒカリですよね。

コシヒカリを栽培している産地は数多くあれど、魚沼産に勝るコシヒカリはなかなかありません。

食味ランク最高の「SS」獲得の魚沼産コシヒカリ、ぜひ一度ご賞味ください。

第7位 環境に配慮して栽培された「滋賀県産 みずかがみ」

zenkoku_kome7
農薬や化学肥料を抑え、環境にも健康にも配慮して作られたのが、滋賀県産の新銘柄「みずかがみ」です。

滋賀県の豊かな自然と子供たちを守りたいという信念から生まれたこのお米は、おにぎりにするとそのおいしさを最大限に発揮します。

つやつやと光った炊き立てのご飯は、琵琶湖の湖のような輝きです。

第6位 関東のおいしいお米は「栃木県産 なすひかり」

zenkoku_kome6
関東地方で農業が盛んな、栃木県那須でうまれたお米が「なすひかり」です。

新品種なので知名度は低いですが、味はピカイチ。粒が大きく食感もよく、味も東北の一流米と引けを取らないのに価格が安いため人気がでてきているお米です。

第5位 九州のおいしいお米「佐賀県産 さがびより」

zenkoku_kome5
九州で人気、佐賀県産の「さがびより」は、粒が大きく食べごたえのある、甘みの強いお米です。

米どころは寒い地方という先入観がありますが、暖かい地方ではその気候に合った品種が栽培されているので寒い地方と比べて味が落ちるということはありません。

第4位 北海道三大米どころの一つ!「深川産 ふっくりんこ」

zenkoku_kome4
広大な農地広がる北海道、その三大米どころの一つと言われている深川市で生産されたふっくりんこは、炊き上がりはふっくらとし、冷えても硬くならないおいしいお米です。

北海道米独特のもちもち感は薄いのですが、どんなおかずにも合うオールマイティーなお米です。

第3位 東北のお米といえば!「宮城県産 ひとめぼれ」

zenkoku_kome3
東北の有名銘柄の中でも、その味で評判を呼んでいるのは宮城県産のひとめぼれです。

有名でおいしい銘柄であればあるほど価格が上がるものですが、ひとめぼれは年中お手ごろな価格なので、毎日おいしいお米が家計を圧迫せずに食べられますよ!

第2位 2010年登場品種!「山形県産 つや姫」

zenkoku_kome2
2010年に登場した山形の新銘柄「つや姫」は、登場当初から話題になっているおいしいお米です。

姫のように白く輝くお米は、粒がとてもそろっていてうまみが強いのが特徴です。

なんと、あのコシヒカリよりもうまみ成分を多く含んでおり、飲食業界でも注目の銘柄です。

第1位 今話題の北海道米「蘭越町産 ゆめぴりか」

zenkoku_kome1
今、北海道で最も注目を集める米どころといえば蘭越町です。

蘭越町で作られるお米は、北海道の米どころの中でもトップのおいしさと言われています。

その蘭越町で作られたゆめぴりか、しかも指定農家で作られたお米のみの単一原料米ですからおいしさは折り紙付きです!

シェアする
投稿:きっちんmotto