人気の耐熱計量カップおすすめ8選【プラスチックからガラス製まで】

人気の耐熱計量カップおすすめ8選【プラスチックからガラス製まで】

キッチンツール, 調理器具

お菓子や料理を作る時は、熱いだし汁や温めた牛乳など、温度の高い材料を計量することも多いですよね。

そんな時みなさんは、どんなタイプの計量カップを使っていますか?アルミなど金属の計量カップだとカップ自体が熱くなって大変!

それに、別の器で温めてからでないと、熱いものは軽量できないし…。熱いものも計量できて、その上電子レンジでも使える計量カップがあれば、軽量と加熱がいっぺんにできて手間も省けますね。

そんな、タフに使えちゃう人気の「耐熱計量カップ」おすすめ8選をご紹介します!

黒の目盛りが見やすい「パール金属 耐熱計量カップ」

おすすめ耐熱計量カップ1
100℃から-30℃までの耐熱耐冷のプラスチック製計量カップです。

計量カップでは見かけない黒の目盛りは、見やすさも考慮されています。

細かく10㎖単位で計れて、上白糖と小麦粉専用の目盛りも付いているから、幅広く計量できますね。食洗機対応だから、使った後のお手入れもラクラクです。

Amazonで見る楽天で見る

大きな目盛りでラクラク計量「パール金属 大きい目盛 耐熱計量カップ」

おすすめ耐熱計量カップ2
耐熱耐冷のプラスチック製計量カップ。特徴は、何と言っても見やすい大きな目盛り。これなら調理中もラクに計量できますね。

上から見た本体の形が、注ぎ口に向かって楕円になっているから、注ぎやすくその上収納もしやすい!

電子レンジ・熱湯OKだから、いろいろ使えておすすめです。

Amazonで見る楽天で見る

絶妙な形状で注ぎやすい「貝印 どこでも注げる耐熱計量カップ」

おすすめ耐熱計量カップ3
名前の通り、ふちのどこで注いでも液だれしない耐熱の計量カップです。ヒミツは外側にカーブしたふちの形状。

液体の計量をする時は、計量カップの注ぎやすさは外せませんよね。2色使いの目盛りで、中身の色にかかわらず見やすいのも助かります。

プラスチック製で扱いやすい点もおすすめの理由です。

Amazonで見る楽天で見る

上からも横からも計量できちゃう「貝印 見やすい計量カップ」

おすすめ耐熱計量カップ4
上からも横からも計量できるプラスチック製の耐熱計量カップです。

計量カップは水平な場所に置いて計るので、横からだけでなく上から見られるのは本当に助かる!

液だれしない注ぎやすい形状もポイントです。オレンジ色の取っ手は樹脂製だから、握りやすく耐久性もバツグンです。

Amazonで見る楽天で見る

利き手を選ばず使いやすい「OXO アングルドメジャーカップ」

おすすめ耐熱計量カップ5
内側にぐるりと付いた目盛りが見やすい計量カップです。何かと右利き仕様が多いキッチン用品。

持った時にも利き手を選ばず、尚且つ上から見た時一目で目盛りが分かるデザインはさすが「ユニバーサルデザイン賞」!

プラスチック製で落としても割れないから、安全に使えてるおすすめ計量カップです。

Amazonで見る楽天で見る

実用的な2色使い「HARIO メジャーカップ」

おすすめ耐熱計量カップ6
日本で唯一、国内に工場を持つ耐熱ガラスメーカーの「HARIO」。

中からも見える目盛りは、液体用が赤、粉もの用が黒で表示されているから、とにかく計りやすい!

安心して使える厚みのあるガラス製だから、電子レンジ・熱湯もOK。食洗機にも対応しているからお手入れも楽で助かります。

Amazonで見る楽天で見る

どっしりとした安定感「PYREX メジャーカップ」

おすすめ耐熱計量カップ7
ビールのピッチャーみたいな形がカワイイ「PYREX」の耐熱ガラス製計量カップです。

「PYREX」と言えば、そのどっしりとした安定感が特徴。強度・耐熱性に優れた「強化ガラス」は厚みがあり、熱湯や電子レンジもOKだから安心して使えちゃう!

目盛りも「㎖」「cup」の両方付いて便利ですね。

Amazonで見る楽天で見る

いろいろ使える実力派「iwaki レンジメジャーカップ」

おすすめ耐熱計量カップ8
実験で使うビーカーに取っ手が付いたような形の「iwaki レンジメジャーカップ」。

ガラスはニオイ移りがせず酸や塩分の強い食品を入れられるので、計量カップとしてはもちろん、調味料を合わせるなどいろいろな用途に使えます。

耐熱性で電子レンジで使えるから、計量してそのまま温められるのもグー。

Amazonで見る楽天で見る

創意工夫がいっぱいの耐熱計量カップ

ますます進化を遂げている、耐熱の計量カップ。

目盛りの見やすさはもちろん、液体以外にも粉ものやお米まで計量できて、創意工夫がいっぱいですね。

お菓子や料理作りに是非とも活用してみてくださいね。

シェアする
投稿:きっちんmotto