節約しながら美味しい揚げ物もできる!深型フライパンおすすめ6選

節約しながら美味しい揚げ物もできる!深型フライパンおすすめ6選

フライパン, 調理器具

油の節約のために、フライパンで揚げ物をするご家庭は結構多いですよね。そんな時に便利なのが深型のフライパンです。

今回は、深型のフライパンの中でも、揚げ物をするのに最適なフライパンを探してみました!

節約しながら美味しい!揚げ物にピッタリの深型フライパンおすすめ6選をご紹介します。

天ぷら鍋のような使い勝手「パール金属 マルチパン」

おすすめ揚げ物フライパン1
熱伝導の良さの秘密は、アルミニウム合金で成形された厚みのある底面にあります。

3層のブルーダイヤモンドコートは、キズや汚れが付きにくく、金属のヘラも使えるほど耐久性が高くて丈夫!付属の網をフライパンのふちにセットすれば、天ぷら鍋のように使えて揚げ物がラクにできますね。

取っ手は本体と一体型だから、ちょこっと揚げ物をする時にも扱いやすくて、おすすめです。

Amazonで見る楽天で見る

計算された中華鍋型「北陸アルミ ウーウェンパン」

おすすめ揚げ物フライパン2
丸みを帯びた中華鍋を安定感のある平らな底面にすることで、より使いやすくした「ウーウェンパン」。

北京出身の料理研究家、ウー・ウェンがプロデュースしたフライパンです。これ一つで、焼く、揚げる、蒸すとどんな調理もできる便利なフライパン。

一つ一つ手づくりのアルミ鋳造製だから熱伝導がよく、温度管理が重要な揚げ物にピッタリ!少ない油でもカラッと揚げ物ができますね。

Amazonで見る楽天で見る

蓄熱性がバツグン「LODG ディープスキレット」

おすすめ揚げ物フライパン3
これは絶対、キャンプに持っていきたい!「ディープスキレット」という名前の通り、深型のスキレットです。

厚さ5mmの鉄製だから、蓄熱性は最強!温度を一定に保ち、スピーディーに調理できるのです!外はカリッと、中はジューシーな美味しい揚げ物ができますよ。

深めの形状で油はねも防ぐから、調理後の後片付けも楽ちん!鉄製だから火を止めても熱いので片付けの際は充分注意してくださいね。

Amazonで見る楽天で見る

軽量だけど本格派「匠 マグマプレートフライパン」

おすすめ揚げ物フライパン4
こちらも鉄製のフライパン。食材をこびりつきにくくする効果の凸凹を施したマグマプレートでおなじみ、「匠」鉄鍋シリーズです。

通常のフライパンより深めだから、揚げ物などにも重宝する形ですね。食材によって油の温度を変える揚げ物は、唐揚げなどの肉類を揚げる時はやっぱり高温になりますね。

強火でもOKの鉄製なら耐久性が高いから、安心して揚げ物ができますよ。

Amazonで見る楽天で見る

深めの75mmが使いやすい「和平フレイズ メガフッカ」

おすすめ揚げ物フライパン5

深さが75mmあるから、揚げ物にはもってこいの形です。平らな底は食材をたくさん並べられる形状で、一気に揚げものができるからいいですね。

内側は耐摩耗性に優れた4層の特殊フッ素樹脂「クイックマーブルコート」加工だから、少ない油でも揚げ物ができてgood!

フライパンのふちには注ぎ口が付いていて、揚げ物あとの油の処理もラクラクです。

Amazonで見る楽天で見る

片手鍋型がウレシイ「お弁当ぴったり 揚げ物フライパン」

おすすめ揚げ物フライパン6
朝のお弁当作りや少人数の調理など、ちょっとした揚げ物用として大活躍の深型ライパン!

鉄製だから、高温で手早く食材に熱を通すことができ、忙しい時にもぴったりですね。深さはあるけど大きすぎない、ちょうどいいサイズだから、いろいろなメニュー作りに使える便利なフライパンです。

鉄製なのに軽いから、毎日の調理でも手軽に使えるのもウレシイ点ですね。

Amazonで見る楽天で見る

フライパンで手軽に揚げ物!

フライパンと一口に言っても、形や材質によって、使い方は無限に広がりますね。

フライパンなら、油の量も自由自在に調節できるから、節約にも、健康にもウレシイ利点がいっぱい!

フライパンで、是非、おいしい揚げ物を作ってみてくださいね。

シェアする
投稿:きっちんmotto