軽さ重視のフライパンor鉄製なのに軽いフライパンおすすめ8選

軽さ重視のフライパンor鉄製なのに軽いフライパンおすすめ8選

フライパン, 調理器具

料理をする時に必ず使うフライパンは、扱いやすいものを使いたいですよね。

特に、フライパンの重さは大事なポイント。軽いフライパンなら持ちやすくて疲れないので、それだけでも料理がとっても楽になります。

今回は、「軽さを重視したフライパン」と「鉄製なのに軽いフライパン」のおすすめ商品をそれぞれ紹介します。フライパン選びの参考にチェックしてみてください。

軽さ重視!とにかく軽いおすすめフライパン5選

第5位 こびりつかない!「ダブルマーブルコーティングフライパン」

flypan_karui1
凸凹感をより増やしたダブルマーブルコーティングで食材をこびりつかせないうえに、耐久性も従来品より高くなっています。

コーティングフライパンですが、金属ヘラも使用も大丈夫です。サイズのバリエーションも豊富なので、自分に合ったフライパンを見つけやすいのもポイントです。

第4位 耐久性はピカイチ!毎日しっかり使える「ダイヤモンドコートフライパン」

flypan_karui2
人気のダイアモンドコートの元祖の会社から発売されているフライパンで、耐摩耗性がよく、金属ヘラでも傷がつきにくい特徴があります。

なんと耐摩耗性テストは30万回も行ってクリアしているほどなのです。それだけ強くてしかも軽量なのでとても使い勝手が良いと言えます。

第3位 軽くて強い!料理上手も料理初心者にも使いやすい「軽いね!超軽量フライパン」

flypan_karui3
「軽いねフライパン」という名前の通り、軽さにこだわったフライパンです。

内面は4層に、外面は3層に、色んなコーティングを施すことで軽くて焦げ付きにくいフッ素ハード加工が実現されています。

さらに衛生面にもこだわって、抗菌加工もされています。取っ手と本体部分は接続部分がなく一体型になっているので汚れがたまりにくく、片付けの時も楽に出来ます。

第2位 耐久性最高クラス!「センレンキャスト プラチナ加工フライパン」

flypan_karui4
センレンキャストフライパンという名前の通り洗練されたフライパンで、日本製の最高ランクとも言えるプラチナプラス加工が施されています。

プラチナプラス加工は、一般的に人気なテフロン加工の約7倍もの耐久性もあります。

食材がくっつきにくく、調理する時に余分な油も必要なく、焦げ付きにくいので、片付けも簡単に出来ます。

特殊加工によって、これだけの性能でありながら軽量化を実現しています。

第1位 軽さ・強度のバランスがとれた「ダイヤモンドコートフライパン」

flypan_karui5
軽いのはもちろん、傷や汚れにも強くお手入れが簡単、しかも焦げ付きにくいというあらゆる面に特化したフライパンです。

こちらもダイヤモンドコーティングが施されていて、強い強度を作り上げています。

また、取っ手にはネジなど使っておらず一体成形になっているので、お手入れがすごく楽です。調理も片付けも楽にしてくれるフライパンです。

鉄でも軽いおすすめフライパン3選

第3位 デザインも抜群の「KOMIN 鋳物フライパン」

flypan_karui_tetu1
プロも使っている鋳物のフライパンを家庭でも使いやすく、と作られたものでとても薄くすることで、重さは従来の半分程度まで軽く仕上がっています。

鋳物ならではの蓄熱性はそのままなので、むらなく火を通すことが出来て料理をおいしくしてくれます。そのままテーブルに出せるおしゃれなデザインも魅力的です。

第2位 手仕事で作られている「鉄打出し中華鍋」

flypan_karui_tetu2
中華鍋は料理人が使う物と思われがちですが、こちらの中華鍋は、その軽さと使い勝手の良さから一般家庭でも大人気の商品です。

深さのある大きな鉄製フライパンとしてはかなりの軽量で、「まとめて調理したいけど大きなフライパンは重くて使いづらい・・・。」という人にはピッタリです。

プロの職人さんが作りだしている最高級の品質で、約5000回も叩く手仕事を経て出来ている中華鍋です。IHにも対応しているのでガス調理ではない家庭でも使う事が出来ます。

第1位 一生モノになる「鉄フライパン 極」

flypan_karui_tetu3
鉄製なのに物によってはコーティングフライパンより軽い驚きのフライパンです。

使っていくごとに油が馴染んでいき、より焦げ付きにくくなっていくので、使えば使うほど使いやすいフライパンになっていきます。

また錆びにくくも作ってあるのでお手入れに手間がかかってしまう事もありません。しかも熱伝導がいいので、色んな料理にしっかりパッと火が通って美味しく出来上がります。

次々買い変えるのではなく、ひとつのものを愛着を持って使いたい人におすすめのフライパンです。

軽さ重視・鉄でも軽いフライパンまとめ

とにかく軽い物が良いと言う人も軽さも必要だけど鉄の熱伝導も外せない、と言う人も納得のフライパンが見つかったのではないでしょうか。

これからのフライパン選びには「軽さ」も重視して選んで料理の楽しさ、調理の楽さを感じてください。

シェアする
投稿:きっちんmotto