東芝冷蔵庫VEGETA(ベジータ)の本音の口コミ評判【おすすめ機種紹介】

東芝冷蔵庫VEGETA(ベジータ)の本音の口コミ評判【おすすめ機種紹介】

キッチン家電, 冷蔵庫

独自の視点で他のメーカーとは違うこだわりを持つ「東芝」の冷蔵庫。家族を明るく笑顔にする東芝の製品の中でも、センスが光る家電が冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」シリーズです。

今回は、野菜の鮮度を保つ工夫が随所に凝らされた東芝の冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」の本音口コミ評判とおすすめ機種をご紹介します。

東芝冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」の特徴は?

ベジータ冷蔵庫の特徴
東芝冷蔵庫「ベジータ」最大の特長は、「野菜室を中央に配置したこと」です。

多くのメーカーで野菜室は一番下に配置してあり、このため野菜が取り出しにくいんですよね。

そして「ベジータ」は、野菜の鮮度を保つために必要な湿度を持たせるため、東芝独自のツイン冷却を搭載。

この機能は野菜の鮮度維持だけではなく、冷却効率を上げ省エネにも役立っています。

週末の買い物だけで一週間の食材を乗り切りたいという方は、東芝の「ベジータ」が最も使いやすく感じるでしょう。

東芝冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」の口コミ評判

買い置おき・作りおきが必須の家庭では、本当に東芝の冷蔵庫がそこまで使えるのか気になるところですよね。

ここからは「ベジータ」の本音口コミ評判をご紹介します。

  • 野菜室が真ん中だとやっぱり使いやすい。腰に負担がかからないのがいい。
  • 野菜の持ちが良くなったのは実感できる。製氷機もお手入れしやすくて嬉しい。
  • 脱臭機能もすごくいいとおもう。冷蔵庫独特の臭いがしないのはすごくいい。
  • 熱いものをそのまま冷凍庫に入れる「熱もの冷凍」が重宝している。
  • 野菜室が中央にあるのが購入の決め手でしたが、そうすると製氷機の位置が変わってなかなか使い慣れません。ですが性能には満足しています。
  • 薄型で幅もコンパクトなんだけど高さがある。背の低い私にはちょと辛い・・・。

総評

東芝「ベジータ」の口コミは、いずれも高評価のものばかりで、不満の声はほとんど見ることができませんでした。

特に脱臭機能や熱もの冷凍機能、そしてやはり野菜の鮮度が長持ちするという部分を高く評価している口コミが多い印象です。

ただし冷蔵庫自体に高さがあり、背の低い人には向かないかもしれないという口コミがありましたので、高さをよく調べてから購入しましょう。

Amazonで見る楽天で見る

サイズ別おすすめの東芝冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」

最後に、「ベジータ」の中でも特におすすめしたい冷蔵庫を片開きタイプ・両開きタイプそれぞれ1商品ずつご紹介します。

高級感あふれる輝き「ベジータ 両開きタイプ 462L」

おすすめ冷蔵庫ベジータ1
この輝きは見るものすべてを虜にする!高級感あふれる両開きタイプの「ベジータ」は、新築や結婚のお祝いにもおすすめの商品です。

東芝自慢の「新鮮摘みたて野菜室」には、独自のツイン冷却はもちろん、光触媒も搭載し、野菜の劣化をとことん防ぎます。

2段式で使いやすい「速鮮チルド」は大型タイプとなっており、こちらもたっぷり買い置きをする家庭にぴったり。容量は462Lで4人前後の家族に丁度いいサイズとなっています。

Amazonで見る楽天で見る

タッチオープンで使いやすい「ベジータ 片開きタイプ 410L」

おすすめ冷蔵庫ベジータ2
こちらはスリムタイプの410L、片開きですが触れるだけで扉が開く「タッチオープン」が人気の冷蔵庫です。

野菜室は「うるおいラップ野菜室」と「新鮮鮮度野菜室」を搭載。さらに冷凍庫にも仕掛けがあり、上段は野菜をそのまま冷凍できちゃう「野菜そのまま冷凍」つきです。

こちらの冷蔵庫も、食材の鮮度と美味しさにこだわる東芝ならではの機能がもりだくさんですから、「狭いスペースにおける高機能の冷蔵庫がない」と悩んでいた方におすすめです。

Amazonで見る楽天で見る

食材の持ちにこだわるならやっぱり東芝のベジータ!

口コミにもあったとおり、東芝の「ベジータ」は「野菜の持ちが良くなった」と実感できるほど、高性能の冷蔵庫のようです。

どうしてもすぐにしなびてしまう葉物野菜も、湿度を保って長持ちさせ、肉や魚といった生鮮食材はチルド室がバッチリ鮮度を守ります。

買い置き・作り置きで上手に食費を節約している家庭なら、東芝「ベジータ」の使いやすさに惚れ込んでしまうかもしれません。

シェアする
投稿:きっちんmotto