大容量でスリムな「奥行き65cm以下」の薄型冷蔵庫おすすめ6選

大容量でスリムな「奥行き65cm以下」の薄型冷蔵庫おすすめ6選

キッチン家電, 冷蔵庫

いくら大容量の冷蔵庫が欲しくても、奥行きサイズが大き過ぎて我が家のキッチンには置くことができない・・・。と悩んでいるご家庭も多いのではないでしょうか?

限られたスペースに冷蔵庫を置くためには、冷蔵庫の奥行サイズが重要ですよね。

そこで今回は、大容量なのにスリムな奥行き65cm以下の薄型冷蔵庫おすすめ6選を紹介します。

真ん中野菜室で取り出しやすい「パナソニック NR-C37HC」

奥行き65cm以下の薄型おすすめ冷蔵庫1
奥行サイズ633mm、容量365Lの「パナソニック」の3ドア冷蔵庫。真ん中野菜室で野菜が取り出しやすいので、お料理大好き、野菜大好きな家族におすすめです。

しかも冷蔵室の1段目と2段目はガラス棚ですから、汚れてもさっと拭き取れるだけでいつでもきれいを保てます。

エコナビ機能を搭載し、2021年省エネ基準を100%達成しているので電気代も節約できるのがうれしいポイントです。


※左開きタイプ型番「NR-C37HCL」

お洒落で使いやす!「パナソニック NR-C37HGM」

奥行き65cm以下の薄型おすすめ冷蔵庫2

先ほど紹介した冷蔵庫と同じく、奥行サイズ633mm、容量365Lのフルフラットガラスドアがおしゃれな「パナソニック」の真ん中野菜室冷蔵庫です。

汚れやすいドア部分をガラスにすることでお掃除もしやすくなっていますし、ガラスならではの光沢が高級感を演出しています。

急冷凍機能付きですので、夫婦ともに毎日忙しいという家庭にぴったり。1週間の作り置きおかずも瞬時に冷凍して、賢く節約もできますよ。


※左開きタイプ型番「NR-C37HGML」

もっと容量が欲しい時には「パナソニック NR-FV45S3」

奥行き65cm以下の薄型おすすめ冷蔵庫3

同じ「パナソニック」でも、こちらは451Lの大容量。なのに奥行きサイズは同じ633mmですから、「サイズは小さく容量は大きく」を徹底したい家庭におすすめです。

この冷蔵庫の特長は、なんといって冷凍室の豊富さ。製氷室の隣に小さな冷凍室、さらに下段にも大型冷凍室があります。

「冷凍食品をついつい買い込んでしまう」「おかずは作り置きが多い」という家庭ならこのぐらいの容量は欲しいですよね。

機能性重視ならコレ!「日立 R-XG4800H」

奥行き65cm以下の薄型おすすめ冷蔵庫4

冷蔵庫の大きさやデザインだけではなく機能も重視したいのなら、断然「日立」がおすすめ!こちらの冷蔵庫の奥行サイズは649mm、容量は475Lです。

今や日立冷蔵庫の代名詞となっている「真空チルド」は、製品が新しくなるごとにパワーアップしています。

「肉や魚を買い置きしたいけれど、鮮度が落ちるのが気になる」という方も、真空チルドつき冷蔵庫なら安心して買い置きができるようになりますよ。

もう1つ、注目したいのが「スポット冷蔵」機能です。冷蔵室の1部分だけを強力に冷やすこの機能によって、まだ少し熱を持っている鍋や食べ残しの料理もそのまま入れることができます。


※容量430Lタイプ型番「R-XG4300H」(幅650mm×奥行643mm×高さ1818mm)

高級感あふれるガラスドア冷蔵庫「東芝 VEGETA 462Lタイプ」

奥行き65cm以下の薄型おすすめ冷蔵庫5

462L大容量なのにコンパクトサイズな奥行649mm、幅650mmの東芝の冷蔵庫「VEGETA」。

高級感あふれるガラスドアの輝きも美しく、「せっかくの新居には、ちゃんとした家電を置いておきたい」という人におすすめの冷蔵庫です。

野菜室にはたっぷりの野菜が入るだけではなく、2Lペットボトルも楽々収納。水やお茶をいつでもストックしておけます。

育ち盛りの子どもがいても大丈夫!「三菱 MR-WX47C」

奥行き65cm以下の薄型おすすめ冷蔵庫6
三菱のスマート大容量冷蔵庫は、奥行き、幅が65cmであるにもかかわらず、容量はなんと470L!育ち盛りの子どもが2人いても、この容量なら安心です。

扉もダブルオープンですから、キッチンのスペースが狭いおうちでも大丈夫。三菱独自の切れちゃう冷凍ももちろん搭載されています。

野菜室は葉物野菜も長期間保存できるうるおい冷却付き。家族が多くて冷蔵庫の扉の開け閉めが多い家庭でも、節電モニター付きでエコに利用できるものこの冷蔵庫の特長です。

冷蔵庫を置くスペースが狭い場合に気を付けたい点

今回、奥行き65センチ以下のスリムタイプ冷蔵庫を紹介しましたが、場合によっては65cm以下でもキッチンにおいてみると使いにくかった、ということもあるでしょう。

狭いキッチンに置く冷蔵庫を選ぶときには、ドアはダブルオープン(観音開き)の方が使いやすいのは確実です。また実際に家電量販店に足を運び、野菜室や冷凍室のドアを開けてどのくらいの幅になるのかメジャーで測っておきましょう。

キッチンスペースよりも大きく開いてしまうものは扱いにくい可能性があります。以上のことに気を付けて、キッチンにぴったりサイズの冷蔵庫を探してみてくださいね。

シェアする
投稿:きっちんmotto