使い勝手のいい四角型!人気の『角型ワイド七輪』おすすめ6選

使い勝手のいい四角型!人気の『角型ワイド七輪』おすすめ6選

調理器具

昔ながらの「七輪」は、軒先でちょっと魚や野菜を炙るようなイメージでしたが、最近では、バーベキューなどで使う人も増えているようです。

ただ、昔ながらの丸型の「七輪」だと、食材を置ける面積が少なくて、同時にたくさん焼きたい時には不便ですよね

そこで今回は、沢山の食材も一気に焼ける『角型ワイド七輪』のおすすめ商品をご紹介します。

断熱性に優れた珪藻土製!網の際ギリギリまで使える角型ワイド七輪

四角で角型のおすすめ七輪1
三和金属の「しちりん角型ワイド」は、七輪の素材として昔から親しまれている珪藻土を使用した優れた断熱性の七輪です。

珪藻土は赤外線の発生率が高いので、食材の旨味を残したまま素早く調理できます!また、網の端にまで熱が伝わる溝がついているので、ギリギリまで食材を並べることができます。

昔ながらの知恵を生かした珪藻土製の七輪が欲しいという方におすすめの商品です。

持ち運びしやすい持ち手付き!安全に使える角型ワイド七輪

四角で角型のおすすめ七輪2
奥能登産の天然珪藻土を使用した切り出し七輪です。長方形の重厚な造りで、しっかり食材を焼き上げてくれる角型ワイド型。

上部に持ち手がついているので、屋外でのバーベキュー等で七輪を持ち運びすることが多い人にはピッタリです。

テーブルに置いてもズレないように、シリコン製の丸足がついているので、網の端までたくさん食材を並べても安定して使うことがでますね。アウトドアでの実用性を考え抜いた、便利な角型ワイド七輪です。

隅々まで食材が置けて使いやすい!ボックス型ワイド七輪

四角で角型のおすすめ七輪3
ポーラスセラミックスの「炭火コンロ長角七輪」は、隅々まで食材を並べることができるボックス型の七輪です。

七輪用に最適な奥能登珠洲市の珪藻土で造られた断熱レンガを張り合わせて造られているため、断熱性と耐火性に優れており、食材をすばやく焼くことができます!左右に持ち手がついているのも移動にも便利でたすかりますね。

2~4人用の小さいサイズから、10人用の大サイズまであるので、家族が多い家庭や大人数でバーベキューをすることの多い家庭にぜひおすすめしたい角型ワイド七輪です。

手軽に串焼きが楽しめる!串穴付きの角型ワイド七輪

四角で角型のおすすめ七輪4
丸和工業の「角型 串焼七輪」は、天然珪藻土を、職人さんが一つずつ丁寧にノミで切り出して作った、職人技が光る逸品です。

しっかりとした重厚な見た目なのに、驚くほど軽量なので、持ち運びにも苦労しません。また、縁には串焼き用の穴が空いており、魚や野菜などを串刺しにして美味しく調理することができちゃうんです!

たくさんの食材を焼くだけでなく、本格的な串焼きバーベキューを楽しみたいという方におすすめの角型ワイド七輪です。

素材の乾燥が抑えられる!保湿性に優れた角型ワイド水コンロ

四角で角型のおすすめ七輪5
サンフィールドの「バーベキューコンロ炭焼きグルメ」は、下層に水を張り、その上に炭の受け皿を置く角型ワイド水コンロです。遠赤外線効果に優れているので短時間での調理ができます。

蒸発した水蒸気が食材の旨味をしっかり残したまま焼いてくれるから、美味しい焼き物料理が楽しめますよ!金属製なので水洗いも簡単で、いつも清潔に使うことができます。

さらに、専用に販売されているグリルプレートを使うと、焼きそばやお好み焼きの調理もこれ1台でできちゃうんです!食材の旨味を生かした本格調理ができる、幅広の多用途七輪を探している方には特におすすめです。

煙は少なく味は美味しく!優れた構造を持つ経済的な角型ワイド七輪

四角で角型のおすすめ七輪6
グリーンライフの「少煙シチリン」は、煙が出るから七輪を使えないと悩んでいる方におすすめの、煙を約90%カットした、煙の少ない七輪です!

肉に直接炎が当たらない構造で、肉を焦がすことなく旨味をそのままに調理できるのも魅力の一つです。

ワイドな焼き網の面積にそのまま食材を並べられるのに、墨入れボックスはコンパクトサイズで、少量の炭で焼けるからとっても経済的。美味しく効率的に焼きたいという方にぴったりの、角型ワイド七輪です。

用途に合った『七輪』を選ぼう!

個人的には、本格的な「角型七輪」を使って、ただのバーベキューとは一味違う味を楽しみたいです!

ただ、スチール製の「角型七輪」は、手入れが手軽で使い勝手も良さそうなので、そこまでこだわりの無い人ならこちらの方がいいかもしれませんね。

シェアする
投稿:きっちんmotto