丈夫で長く使える!『鉄製フライパン』の人気メーカーおすすめ4選

丈夫で長く使える!『鉄製フライパン』の人気メーカーおすすめ4選

フライパン, 調理器具

大切に使えば半永久的に使える「鉄製のフライパン」は、長く使える優秀な調理器具として、今も昔もプロに選ばれ続けています。

一般のご家庭でも、買い替えなくていい「鉄製のフライパン」は、魅力的なキッチンアイテムですよね。

そこで今回は、高品質で長く使える『鉄製フライパン』のおすすめメーカーをご紹介します。

毎日の健康は鉄のフライパンで作られる「リバーライト」

rivaerrito
創業当時には時代に逆行していると言われながらも、使う人とその家族の健康を考えて作り続けてきた「リバーライト」のフライパンは、使いやすさはもちろん、本体の素材にまで拘りぬいた本物志向の逸品です。

「リバーライト」では、ベーシックなフライパン、炒め物専用フライパン、厚板フライパン、ステーキパンなど用途によって商品を選べるのがポイント。

しかも嬉しいのが、鉄フライパンなのにお手入れが不要ということ。それが、この「極」シリーズです。

リバーライトの真骨頂「極ROOTS」

root

リバーライトの「極」シリーズは、フライパンの素材となる鉄の表面に特殊な熱加工を施してあります。

この熱加工により、鉄はさびにくく、面倒なお手入れも必要がない、手軽に使えるフライパンが誕生しました。

鉄フライパンを試したいけれどちょっと尻込みしていた、という方におすすめのフライパンです。

業務用だから使いやすさが違う!「遠藤商事」

tkg
飲食店のみならず、一流ホテルでも選ばれている、業務用調理機器のメーカー「遠藤商事」のTKGブランド。その鉄フライパンはシンプルで飾り気はないけれど、耐久性と使いやすさには定評があります。

様々なサイズのフライパンは勿論、プロが使う本格的な中華鍋やパエリアパンもあります。価格もお手ごろですので、料理好きなら一通り揃えたくなってしまいますね!

始めはベーシックなフライパンから「鉄黒皮厚板フライパン」

tkg1
一番初めに鉄フライパンを買うのなら、まずはベーシックな「鉄黒皮厚板フライパン」がおすすめ。

底は厚みがあるけれど、側は薄く仕上げているので全体的な重量も抑えめな作りです。鉄フライパンならではのお手入れは必要ですが、その分料理にも愛情がプラスされますよ。

伝統息づく南部鉄器メーカー「岩鋳」


南部鉄器本場の盛岡において、創業時から変わらぬ伝統を大切にしながらも、モダンなデザインも取り入れているのが「岩鋳」です。

「岩鋳」では、前方が深型で卵が返しやすいオムレツ用フライパンが特に人気。

プロじゃなくても上手にふわっとしたオムレツが作れると好評です。それ以外には、アウトドアでも使えるプレートや、焼き目がつくのが嬉しいグリルパンも作られています。

この重さが鉄の証「岩鋳のフライパン」

iwa1
伝統的な鉄のフライパンならではの、本格的な重厚感のあるフライパンです。そのまま置いて使用する分には、重くても気になりません。

小さなスキレットのように、このまま食卓へ運ぶことはできませんが、南部鉄器の保温力が食材にあっという間に火を通し、美味しい料理が出来上がります。

凝った味付けをしなくても、素材の味を引き出してくれるフライパンは、料理の腕もワンランク上げてくれますよ。

スタイリッシュな調理器具メーカー「柳宗理」

ogi
どんなお店にも必ず置いてある、有名な調理器具メーカーと言えば「柳宗理」ですよね。様々な調理器具を作り出していますが、実は鉄製のフライパンもあるんです。

「柳宗理」と言えば、スタイリッシュかつ手に馴染んで使いやすいものを作り出しているイメージがありますが、鉄製フライパンもそのイメージを崩さない仕上がりです。

「柳宗理」の鉄製フライパンにはマグマプレート加工とファイバーライン加工があります。ベーシックな鉄フライパンはファイバーライン、マグマプレートは南部鉄器風な仕上がりが特長です。

油馴染みのいいファイバーライン加工の「柳宗理の鉄フライパン」

ogi1
さびにくいブルーテンパ材に、シリコン樹脂を塗装したファイバーライン加工のフライパンは、油馴染みがとてもよく、焼き込み不要の使いやすい鉄フライパンです。

取っ手は一体型ではないので、取っ手が熱くなって持てなくなるといった心配もありません。

料理の初心者でも使いこなせる、安心安全な鉄フライパンです。

鉄フライパンのおすすめメーカーまとめ

同じ鉄フライパンでも、メーカーが違うだけでその特徴も異なるんですね。

初めての鉄フライパンにはお手入れがなるべく必要ないものがおすすめです。

本格的な料理好きな方は、少しお手入れが大変でも業務用タイプならきっと満足できますよ!

シェアする
投稿:きっちんmotto