『柳のまな板の特徴と使い勝手』驚き価格の超高級ねこ柳まな板とは?

『柳のまな板の特徴と使い勝手』驚き価格の超高級ねこ柳まな板とは?

まな板, 調理器具

木のまな板の中でも最高級と言われているのが「柳のまな板」です。

柳のまな板は、素人が買うにはちょっと気が引けてしまう価格の高級品ですが、耐久性が非常に高いためプロの料理人の間で選ばれています。

今回は、高くても長く使える「柳のまな板の特徴・使い勝手」と、驚きの超高級品「ねこ柳のまな板」についてご紹介します。

柳のまな板は他の木とどう違う?

yanagi
柳の木のまな板の存在をご存知ですか?

木のまな板の中でも高級なため、家庭用としてはためらってしまう価格ではありますが、高いだけあってその使い心地は最高のようです。

とはいえ、柳はほかの木と何がどう違うのでしょうか?

まず第一に、冒頭でも触れたように柳の木はほかの木よりも成長スピードがとても遅いのが特徴です。

木の成長スピードが遅いということは、同じ径の木でも年輪がよりぎっしりと詰まっていることを表します。

年輪が詰まっているということはその分木材としての耐久性に優れているということですから、一般的な家庭用まな板として使用されるイチョウの木の3倍の値が付くというのも納得です。

そして高値の秘密はその希少性にもあります。まな板として使える柳の木はほかの木材よりも貴重であることが、さらにその価値を上げる要素となっているのです。

柳のまな板の特徴とは?

ここからは、柳の木をまな板にしたときに感じられる主な特徴について解説していきます。

柔軟性に優れている

柳の木はとても柔軟性に優れています。

その他の木のまな板にも言えることですが、柳の木は特に包丁の刃を優しく受け止める性質を持っているため包丁に負担をかけません。

これらのことから、柳の木のまな板は古くから職人に愛されているのです。

耐水性

柳の木は年輪がぎっしり詰まっているというお話はしましたが、それは強い耐水性にも役立っています。

木目がぎっしりと詰まっていることで、吸水しにくいという効果があるのです。

弾力性

適度な弾力性は、包丁の刃で傷ついた木の修復に役立ちます。

柳のまな板の使い勝手はどう?

yanagi2
これらの理由で昔からプロに使われるづけている柳のまな板ですが、素人でもちゃんと使いこなすことはできるのでしょうか?

様々な木のまな板を使用してきた主婦でも、柳のまな板は「包丁を当てた感触が全く違う」と感じるようです。

包丁を当てた部分のまな板に傷がつかない、というのは大げさですが、そう言いたくなるほど弾力と柔軟性があり、「独特の感触が癖になる」使い心地とのことです。

最高級ねこ柳のまな板について

nekomanaita
最後に、最高級まな板である猫柳のまな板についてご紹介します。

「最高級と言っても一万円ぐらいでしょ?」と思った方、残念ながらハズレです。

驚くことに、ねこ柳のまな板の平均価格帯は15万円から30万円という驚きの価格なんです。

さすがにこれは手が出せない・・・と思うでしょうが、銀婚式や金婚式のお祝いに、ダイヤモンドの代わりに奥さんにプレゼントするのもいいかもしれません。

超高級ねこ柳まな板が驚きの価格になった理由とおすすめポイント

さて、なぜねこ柳のまな板がここまで高額になってしまうのかという点についてですが、最高級の素材を贅沢に使用してさらに長い年月をかけて作られることがポイントのようです。

木材を切り出してから完成までに十年近くかかるようなねこ柳の高級まな板もあり、「職人の心」が込められているためその分価格にも反映されているんですね。

しかしねこ柳のまな板は30年でも使用できるとのことですから、一生ものということで結婚のタイミングで購入し、大切に使うというのもおすすめですよ。

>>楽天で見る

まとめ

こうして柳の木のまな板の特徴を見ていくと、どうせ買うなら少々高くても柳のまな板がいいのではないかと感じてしまいますね。

ねこ柳のまな板も、人生の節目を迎える人や料理人としてこれから活躍したいと考えている方へのプレゼントならば後悔なく買うことができそうです。

シェアする
投稿:きっちんmotto